ソニック・ザ・ムービー / 最高の悪役ジム・キャリー
ソニック・ザ・ムービー / 最高の悪役ジム・キャリー

あらすじ

超音速で走ることが出来る特別な存在のソニック。彼の能力を狙う敵から逃げるため、10年前ここ地球にやってきた。アメリカの田舎町グリーンヒルズでこっそり生きてきたのだが、ある日アメリカ政府に見つかってしまった。
ピンチのソニックはトムに助けを求める。トムはここグリーンヒルズでみんなから頼りにされる保安官だ。彼も彼の奥さんも良い人だし、きっと助けてくれる。
とはいえ、相手はアメリカ政府だ。ソニックとトムは無事逃げ切れるのか?

82147841_832491770544463_2562939330645458944_o.jpg
出典:映画『ソニック・ザ・ムービー』公式Facebook

展開はシンプルで分かりやすく、友情で繋がるストーリーは王道で、大人から子どもまでみんなで楽しめる映画です。ゲームのソニックファンには堪らない小ネタはもちろん、知らない人でも楽しめるよう丁寧に物語は進みます。

ジム・キャリー好きには絶対オススメです!本作ではソニックを追う天才科学者ロボトニックを演じています。映画『マスク』などのコメディキャラクターのイメージが強いジム・キャリー。90年代のコメディ作品の時のように、自由で思いっきり弾けるジム・キャリーが観られます!

ジム・キャリーは映画『トゥルーマン・ショー』などのように、ただの1人の男性の繊細な感情の動きも表現できる実力派俳優です。本作では、頭のおかしい科学者としてはっちゃけた演技が目立ちます。その一方で子どもっぽく、天才が故に周りを見下す孤独な表情も見せます(だからと言って寂しいわけではなさそうですが……)。そんな科学者が、自分の理解を超えた存在を見つけた時の輝く表情!悪役なのに、魅力的に見えるのはジム・キャリーだからではないでしょうか。

そんなジム・キャリー演じるロボトニックのシーンは、明らかに力が入っています。カメラのアングルから演出まで、凝りに凝っているのです。しかも音楽はジム・キャリーの案なのだとか。
ちなみに、パンフレットにはジム・キャリーのインタビューはもちろんのこと。各出演者のジム・キャリーとの共演についても語られています。機会がありましたらパンフレットも是非。

ソニック好きもジム・キャリー好きもみんなで楽しめるポップコーンムービー。ぜひ気軽にご覧ください。


コメディ | 18:51:26 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する