■プロフィール

さとこ・ゴリラ

Author:さとこ・ゴリラ
映画ライター
洋画・アメコミ・海外ドラマ・特撮が大好き

ポートファリオ:https://www.foriio.com/satokogorilla

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

リトルデビル(2017年) / 妻の連れ子は悪魔の子?

あらすじ

ゲイリーは理想の女性サマンサと結婚した。サマンサにはルーカスという5歳の連れ子が。ゲイリーはなんとかルーカスと打ち解けようとするのだが、ルーカスの様子はなんだかおかしい……。彼はいつもヤギの人形と会話し、彼にささやかれた大人は自殺しようとする。ルーカスの6月6日の誕生日が近付くとどんどんおかしな事が増え始め……。

20953660_378316735918424_4553620368689850406_n.jpg
画像出典:映画『リトルデビル』公式Facebook

映画『オーメン』を連想させるサムネとあらすじ……。ホラー映画かな?と思ってしまいますが、本作はファミリーコメディです!映画『タッカー&デイル 史上最悪にツイてないヤツら』のイーライ・クレイグ監督の作品、と言われればピンとくる方も多いのではないでしょうか。本作も『タッカー&デイル』のように、映画のオマージュやお決まり展開に振り回される一般人のコメディなのです。

本作は、6月6日に6歳になるルーカスのステップファーザー(義父)になったゲイリーが主人公。ゲイリーはルーカスを「なんだかおかしい」と感じて、早々に周りに「悪魔のように感じて……」と相談します。しかし、周りは「分かるよ!本物の悪魔だ!」と言って、ルーカスを上回るエピソードを話し始めるのです。他にも、ルーカスがおかしいことをするシーンでも、ゲイリーは「じゃあ、また今度話そう」と退出したり……このようにホラー映画のフラグをへし折る展開が楽しい作品。

映画『オーメン』はもちろん、『ポルターガイスト』や『シャイニング』、『ゴーストバスターズ』など、ホラー作品のオマージュがいっぱいです。カットやSEのテンポの良さはエドガー・ライト作品を連想させます。映画を観ていれば観ているほど楽しめる要素が隠されているのです。

映画のことを何も知らなくても大丈夫。本作は心温まるファミリー映画です!物語が進むにつれて、ゲイリーは「夫」としてだけでなく「父親」としても成長を始めます。仲間の力も借りて、妻を家族を世界を救うためにパパは頑張ります!
映画『タッカー&デイル 史上最悪にツイてないヤツら』のようなグロテスクなシーンはありません。毒も少なく、ホラー演出も少なめ、家族で楽しめる作品と言えるのではないでしょうか。


コメディ | 21:11:42 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する